9月4日三沢基地航空祭開幕

三沢基地航空祭

今年も三沢基地航空祭が開催されます。

今年の三沢基地航空祭は、中東情勢の悪化から米軍のセキュリティーが高く、観光バスを含む一般の車両も基地内への入場が禁止されました。この事態に、関係者は駐車場の確保に現在も頭を痛めているようです。

今年は基地西部の平畑地区と東部の五川目地区に一般車両用の駐車場が確保され、そこからシャトルバスが運行されます。とはいえ、バスも一般道を利用するしかなく、交通渋滞に巻き込まれるといった事も容易に想像できます。ご来沢される方は時間の余裕を十分にみてください。

おすすめは、昨年同様に青森県立三沢航空科学館が運営する浜三沢駐車場をご利用いただき、シャトルバスを利用する方法と、市内駐車場を利用する方法です。が、いずれにせよこの事態を予想することは経験が無いので難しく、前期よりはベターと思われると思ってください。

いずれにせよ、安全運転でお願いいたします。

さらに今年は昭和6年に三沢市からアメリカを目指し、人類で初めて太平洋無着陸横断飛行を成し遂げた「ミス・ビードル号」の復元機が80年の時を経て復元機として蘇り、三沢基地航空祭の会場を飛翔します。

学校教育で必ず習うこの偉業は、三沢市民なら誰でも知っていることで、三沢の空を飛ぶ雄姿を楽しみにしております。

当店でも、記念として包装紙に「太平洋無着陸横断飛行機 ミス・ビードル号」をデザインしてみました。せんべい店らしく和風な色調にミス・ビードル号のシルエットが舞っています。

基地正面ゲートより徒歩5分、三沢市役所前ですので、三沢基地航空祭へお越しの際は是非お立ち寄りください。他に、近隣市町村のお土産品もございます。

なりけんの包装紙
おしらせ | - | -

page top